節税対策をはじめたいなら|税理士に一度相談しよう

不動産相続で節税する方法

メンズ

相続時精算課税を活用する

相続対策には、被相続人が生前に行う遺産の処分や遺言書の作成などがあり、こうした相続対策を適切に行っていない場合は相続人同士の争いとなるケースが多いです。そして、相続税対策も相続対策の一つですが、この相続税対策が不十分だと余計な税金を負担する事になります。そんな相続税対策には、相続時精算課税という不動産がある場合に高い節税効果を生む制度があります。この制度は、60歳以上の者が推定相続人となる子どもや孫に対して生前贈与をした場合に選択できます。一般的な生前贈与を行うと贈与税が課税されますが、この制度では生前贈与した財産の額が2,500万円までであれば贈与税が非課税とされます。そして、その財産の額は贈与した者が死亡した際の相続税の計算に組み込まれ、まとめて税金を計算する事になります。つまり、税金を払う事に変わりはないものの、相続より早く財産を下の世代へ承継させる事ができるため、相続対策となります。なお、2,500万円を超えた場合は、一律20%の贈与税が掛かります。また、相続税を計算する際の財産の額は、贈与時の額となります。そのため、将来において値上がりすると予想される土地や金塊などの財産を生前贈与すると、低い評価額で相続税を計算する事になります。さらに、アパートや駐車場などの収益不動産の場合、相続時までに発生した収益は贈与を受けた者の財産となり、相続税の計算に含みません。そして、もし贈与税が発生しても相続税から控除できるだけでなく、控除しきれなかった贈与税は還付されます。つまり、これらのケースでは相続税対策として高い節税効果が期待できます。

Copyright© 2017 節税対策をはじめたいなら|税理士に一度相談しよう All Rights Reserved.